Web Analytics Made Easy - Statcounter

にゃおタビ

にゃおゆきが山陰と地元九州を旅して感じたことを綴ったブログです。ついでに北九州市の周辺のグルメも紹介しています。

究極の地産地消!!教えたくない海鮮丼!売り切れ御免!「志摩の海鮮丼屋」

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

(🎵☆*: .。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

読者登録よろしくお願いします

 

究極の地産地消!!教えたくない海鮮丼!売り切れ御免!「志摩の海鮮丼屋」

海鮮丼大好きな「にゃおゆき」です。

 

本年もどうぞよろしくお願いします。

さて今回は、福岡県の糸島市、古代史ファンにはおなじみの「伊都国」のあった場所です。海に面した糸島半島は、いろんな食材に恵まれていて、とても有名な、糸島豚や糸島野菜などと共に、海鮮料理が美味しいところです。その中でも今人気急上昇なのが、糸島市でも20件近くあると思われる「海鮮丼」のお店その中の1件その名も「志摩の海鮮丼屋」をご紹介します。こだわりのあるお店の海鮮丼です。お楽しみに!

 

 

糸島市に行ってきました。

糸島といえば、何でもおいしい、地産地消の食の宝庫です。

糸島豚や牛肉、牛乳、卵、お野菜、ほかにもたくさんあるようです。

でも何故か決まって、いつもこれ、「海鮮丼」!

糸島は、新鮮な魚介類の宝庫でもあるのです。

超人気の海鮮丼のおお店た~くさんあります。

行列ができるお店もいくつかあります。

でも私がいくのは「志摩の海鮮丼屋」他は知りません。

 

糸島の人気海鮮丼をググってみてもこのお店はおそらく後ろの方です。

見つからないかも、地味なお店なんです。食べログで穴場という人もいました。

本当は教えたくないのですけど、このブログみている人少ないので、大丈夫です。

その日の水揚げで毎日ネタが変わります。(季節により)そして人気のお店には必ず入っている「サーモン、イクラ、」が入っていません。地元の魚類だけです。これが好きでもう5回目かな。



場所は、「志摩の四季」というイオン糸島の敷地内にある、JA物産展の中で、隣が魚市場です。糸島半島のいくつもの漁港から水揚げされた新鮮な魚介類が午前中で売り切れます。

このお店もなくなり次第早めに閉店します。

これが海鮮丼御飯大です。アラ汁が付きます。

今回は初めてミニ野菜天ぷらセットにしました。

天ぷらは「またいちの塩」で食べます。

ワサビを醤油でといて・・醤油にもこだわりがあるそうです。

そこそこ並んでいます。すぐに満席になりました。私たちは開店の30分前から並びました。4番目でした。

セルフで番号を呼ばれたら取りに行きます。食べ終わったら、自分で器を返却します。

下は前回行ったときの海鮮丼です。具材が違います。

その前は、「海鮮天ぷら丼」を食べてみました。ボリュウーミーです。

いかがでしたか?

近年日本全国で海鮮丼が増えてきていますが、どのお店も、ものすごい集客で人気店ばかりですが。

2024年幕開けにふさわしい。にゃおゆきが本当は教えたくない(笑)それほど気に入っている糸島市の「志摩の海鮮丼屋」をご紹介しました。お近くの方がおられましたら是非お試しに立ち寄られてはいかがでしょう。

[http://:title]

 

maps.app.goo.gl

 

いつもランキングに応援していただいてありがとうございます。

今この瞬間!もよろしくお願いします。

www.hitoritabi.shop

www.hitoritabi.shop

 

いつもブクマコメントをありがとうございます。ささえられています。

※ブログ記事等でコードを引用される場合は、はてなブログのブログカード機能利用等により引用元を明示いただきますようお願いします。